MENU

四十代抜け毛は頭皮の血行を促進することで改善できる!

四十代に入って気が付いたら抜け毛がすごく増えたとお悩みではありませんか?
実は女性の薄毛は知らず知らずのうちに進行していくんだそうです。

 

その理由の一つとして女性ホルモンによる
「エストロゲン」の減少によって抜け毛になるのだそうです。

 

気づかないうちに進行すると言われている女性の抜け毛や薄毛は女性ホルモンの1つである「エストロゲン」が大きく関わっています。

 


 

エストロゲンは髪の毛を発達・成長・持続させる働きがありその分泌は28歳ごろが最長に達し、その後は減少しさらに更年期に入る40代はエストロゲンが減少していくのです。

 

 

このエストロゲンは髪の毛の発達、成長期を持続させる働きがあるため、減少すると髪の毛の成長する期間が短く、休止する期間が長くなってしまいます。
エストロゲンの分泌は大体が28歳ごろが最も多いといわれており、その後は年を重ねるごとに減少し、閉経後は極少量になってしまうそうなんです。

 

ですので四十代になっていくと髪の毛の生える本数も減ったり、痩せたりと薄毛になる傾向が多いです。

 

またホルモンの影響の他にも抜け毛の原因はあり、例えば毛母細胞の働きが低下したり、動脈硬化が進んで血行不良になったりすることでも抜け毛の原因になってしまうようです。

 

毛母細胞が減って新しい毛髪が生まれなくなるのは頭皮の老化ともいえるようですです。頭皮環境を良くすることで四十代抜け毛を改善できるようです。

 

「髪の毛が薄く抜け毛が多くなってきた?」と感じたらお早めにお手入れ対策をおすすめ致します。

 

四十代抜け毛は頭皮の血行促進がおすすめ ⇒